HOME > タバコを吸うとホクロが出来る

タバコを吸うとホクロが出来る

タバコを吸うとシミやシワ、そばかすが出来やすいと言われますが、間違いありません。
タバコはホクロの原因にもなります。

喫煙は美肌美容の大敵と昔から言われていますが、体の中に活性酸素を大量に発生させ、身体を老化させる原因となります。
活性酸素はメラノサイトを刺激して、メラニン色素の生成を促します。

メラニン色素は新陳代謝の低下によって体外へ排出されなくなると色素沈着し、シミやそばかす、くすみやホクロになります。
さらにタバコのニコチンは血管を収縮させる作用を持ち、血行不良を引き起こしますし、タバコに含まれる一酸化炭素は血液中の酸素不足を招きます。

血液の流れが悪いと、皮膚に十分な栄養が行き渡らず、結果的に新陳代謝の低下をも招くのです。
この活性酸素の発生、新陳代謝の低下が肌荒れ、シミやシワ、ホクロやそばかすの原因となります。

さらに言うとタバコは多くのビタミンCを消耗します。
ビタミンCは美肌に良く、メラニン色素の生成を抑制して、シミやホクロを出来にくくする働きがあります。

またビタミンCには美白効果があり、メラニン色素そのものを薄くするので、タバコによって体内のビタミンCが不足すると、シミやホクロが出来やすくなります。
ビタミンCには高い抗酸化力もあり、活性酸素を無害化するので、シミやホクロが気になる人は積極的に摂取したい栄養素といえるでしょう。

このようにタバコによってホクロが出来ることの因果関係が説明出来ます。
タバコを止めると健康や美容にも良く、禁煙の効果は大きいものです。
ホクロを気にするなら、タバコを止めた方が良いかもしれません。